効果的な学習法

効果的な学習法

小学生はピアノ、水泳などの習い事、中学生は部活動と忙しい日々を送っている子どもたちたちは多いようです。

そうすると本業である勉強にかける時間は限られてきますね。

ここでは、効果的な学習法を紹介します。819794

夏休みに学力アップを図りたい方

勉強量は多いのに成績が上がらない方

是非、実践してみてください。

 

学校で問題集の宿題が出されたとしましょう。

Step① 一通り最後まで解きます。

ここで終わったら学力up率0%

 

Step② 〇付けをします。

→機械的に〇×をつける→学力up率0%

→間違えた問題の解答を赤で書き写す。→学力up率10%

作業的に書き写しているだけなのであまり意味はありません。

ミスした問題の原因を探る。空欄だった問題の解説をしっかり読む学力up率40%

※〇付けで重要なことは効果的に解きなおしができるように準備しておくことです。

・ミスした問題番号に印をつける。319602

・間違えた答えは確認後消しておく

 

Step③ 解き直しをする。(Step②ミスした問題のみ行う)

→〇付け直後に解きなおし→学力up率60%

答えを根本理解ではなく画像として記憶している可能性があるので注意。

1時間~数日空けてから解き直し→学力up率80%

 

Step④ 再び解き直しをする。(Step③でミスした問題のみ)

学校の定期テストや単元テストの前に、Step②でミスした問題を再び解き直す→学力up率100%

 

Step①で終わるような、やりっ放しの勉強程、無意味なものはありません。そんな勉強をするぐらいなら、自分の趣味など好きなことをするほうが、はるかに有意義に時間を過ごしたと言えるでしょう。なぜなら学力が全く向上しないからです。

効率的に学力をあげるには、まず、自分にとってできない問題がどれかを把握することです。Step①で終わってしまったら、できない問題がどれなのかさえ分かりません。

できない問題の把握し、時間を空けて解き直す。学力アップの大原則です。夏休みにの宿題で実践してみましょう。

お問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちら

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。